Concept
 
わたしたちの暮らしのなかにある「ありがとう」の気持ちを
『スマイル通貨』というカタチにしてありがとうの相手へと渡していきます。
 
わたしたちの町の中で廻るスマイル通貨は、
人と人とを結び、新しい価値観や可能性が生まれるでしょう。
 
わたしたちのできることを必要としている人へと橋渡しをしていき、
たくさんの気づきと笑顔をふやしていくことでしょう。

ましこスマイル通貨(地域通貨)って何だろう?
 

 
地域通貨は、「グループや地域でのみ流通する通貨」であり、日本円では価値を付けることが難しい社会的価値(ボランティアなど)を交換・流通させるためのものとされています。わたしたちは感謝やねぎらいの気持ちを伝えるとき、笑顔と一緒に「ありがとう」や、「いいね!」を言葉にしますが、そんな気持ちを「ましこスマイル通貨」にして伝えていきます。
 

⚫ましこスマイル通貨の目的と効果

 

地域経済の活性化

お金と違って、貯蓄していても利子がつきません。また、益子町内でしか使えないため、どんどん使おうという意識が働きます。つまり、地域経済の活性化に繋がるのです。

ボランティア活動等の推進

普段、価値をつけることが難しいもの・サービスに対して交換・流通させることが可能になります。今まで頼みにくかった事や、提案しにくかったような事にも積極的になれます。

コミュニティの活性化

地域の中の様々な人が使うことで、今まで関係を持つことがなかった人たちの間で新たな人間関係が生まれます。

 

⚫ましこスマイル通貨はどうしたらもらえるの?


● 町関連のボランティアに参加
● 資源物回収奨励金(現金と「ましこスマイル通貨」どちらかを選択)
● 作品展等の表彰、参加賞
● 子育て応援手当

などでお配りしていますが、自治会の地域活動時などに「ましこスマイル通貨」を配りたいというご要望に応えて、団体や個人でも購入できるようになりました。

⚫ましこスマイル通貨はどこで購入できますか?
 


購入できるマッシは、
100マッシ=100円 / 500マッシ=500円 / 1,000マッシ=1,000円
の3種類です。(マッシ:『ましこスマイル通貨』単位)
「ましこスマイル通貨購入申込書」に必要事項を記入のうえ、
現金を添えて役場観光商工課の窓口へお申し込みください。
地域で繰り返し使うことで、人と人とのつながりも深まります。地域活動やボランティアなどのお礼にぜひお使いください。
※「ましこスマイル通貨購入申込書」は観光商工課窓口に用意してあるほか、「ましこスマイル通貨」ウェブサイトからダウンロードできます。

※ご購入の際は観光商工課へ、必ず電話などによる事前の連絡をお願いします。
 

 

⚫ましこスマイル通貨はどうやって使うの?


お手伝いをしてくれた人にお礼を渡す。
例えば、家の電球を換えてもらった、ボランティア活動を手伝ってくれた、赤ちゃんのお世話をしてもらったお礼に渡す 等。
 
取扱店で商品を買う。サービスを利用する。
「ましこスマイル通貨取扱店」ののぼり旗がある飲食店や販売店で利用ができますので、各店頭もしくは店内でご確認ください。どのお店で利用できるのかは、役場、中央公民館、改善センター、あぐり館に置いてある取扱店舗一覧チラシ、または「ましこスマイル通貨」ウェブサイトでご確認ください。
※お釣りは円でもましこスマイル通貨でも、もらうことはできません。
 

 
 

⚫ましこスマイル通貨を寄付したい!


「ましこスマイル通貨」を寄付したいのだけれど・・・というご要望に応えて、益子町社会福祉協議会へ寄付していただけるようになりました。
「ましこスマイル通貨」を直接、益子町社会福祉協議会へお持ちいただくか、役場観光商工課までお持ちください。
※有効期限が切れたものは、寄付できません。
※領収書の発行はできませんので、ご了承ください。 

⚫小さなマッシストーリー

 
ここでは実際に『ましこスマイル通貨』が私たちの暮らしの中をどう巡っていくのかを誰かの視点を借りたひとつひとつの物語で紹介していきます。
物語は随時増えていく予定です。
 
今後どんなマッシストーリーが増えていくのかお楽しみに
 
 

 
 

⚫マッシ君(ましこスマイル通貨キャラクター)

 
実際目には見えないけど、益子内に大昔から存在する妖精の一種。

獣のようで獣では無く、お化けのようでお化けでは無い。
 
沢山の仲間(家族)が益子の自然の中に棲んでいる。
 
人の笑顔が大好き。
でもこの頃人々の間に笑顔が少なくなっている事を実はとても気にしている。
 
スマイル通貨が人の笑顔の間を巡っている事に動物的直観(?)で気が付き、
スマイル通貨のそばにいれば人の笑顔に会えるんじゃないかと、ワクワクしながら一枚に一匹、 実はひっそりと寄り添っている。
 
スマイル通貨が人の手から手と廻るまさにその場で、 目には見えないけれど「マッシ君」の仲間たちは出会い、 無邪気にはしゃぎ合っているのかもしれませんね。
 
Designed by cubicface
 
 

ウエヘ。